2013年04月16日

名門小学校入試、ペーパーテスト、勉強の仕方

名門小学校入試合格のお手伝い、勉強の仕方

小学校入試、ペーパーテスト、7分類のうち第3

言葉、単語に関する問題…「会話」、「読書」

出題は語彙(ごい)、特に名詞を問うものが多いので、

できるだけ語彙を豊富にしておくこと、

いろいろな見聞を広めてものの名前を

たくさん吸収しておくことが重要です。


その有効な勉強法として、両親、兄弟、姉妹、お友達との会話。

会話によっていろいろなものの名称を覚えます。

もうひとつの有効な勉強は読書です。

会話ではあまり使われないものの名前や呼び方、

ものとものとの関連などが豊富に出てきますので、

本を読むことを強くお勧めします。

家族としりとり遊びをするのもお勧めのひとつです。

義務感による勉強のための勉強は子供でも苦痛なので、

遊びで勉強が望ましいのです。

例題として、しりとり問題をアップします。

問題は、「左上の絵から右下の絵までしりとりをして黒い線で結びなさい。左上に絵から右下の絵まで
いくつ通ったか、その数だけ下の四角に丸を描きなさい
」というものです。しりとり31.JPG
posted by ハミリオ at 20:00| Comment(0) | 小学校入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。