2013年04月18日

小学校入試7分類の「第7ジャンル」

小学校入試ペーパーテスト「第7ジャンル」

ペーパーテスト7ジャンルのうち、第7その他


(位置と方向、連想ゲーム、音の判断)

小学校入試ペーパーテストを大きく7ジャンルに分類して、

それぞれの分野について最も効率的な勉強方法を考えてきました。

今回はその7分類の第7分野「その他」について考えます。

「その他」と位置づけましたが、

内容としては「判断力」を試される問題で、

その求められる判断力が多方面に広がっている、

それだけに過去問題を復習勉強するだけでは習得できない

難しさがあります。


では、どう勉強したらいいのでしょうか。

過去問題を多くこなして、

ペーパーテストに大脳をなじませることは重要ですが、

それに加え、できれば「類題をもとに自分で問題を創作する」

ことを推奨します。

お子様が問題を作る、

なかなかなできないと思いますが、

保護者の方がアドバイスしながらトライしていただきたいと思います。

この問題作りによってお子様の「判断力」が確実に身についてきます。

問題に対して答える頭脳回路から、

答えを知って新たに問題を作るという思考。

「判断力」のトレーニングとして取り入れることをお勧めします。
ラベル:小学校受験
posted by ハミリオ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。