2013年04月15日

・首都圏・関西一流小学校入試問題の分析

一流小学校入試問題について


名門小学校の入学試験は

各学校独自の選抜方法を採用していますが、

ほぼ次のような選考法が多く行われています



・行動観察テスト

・運動テスト

・音楽、リズムテスト

・お絵かき

・親子面接

そしてペーパーテストです。

この中で最も配点の高いテストは言うまでもなく、ペーパーテストです。

入学試験までの限られた時間に、

どうペーパーテストの勉強をするか。

このサイトで以前ペーパーテストは7ジャンルに分けられるとお話ししましたが、

7ジャンルそれぞれについて、習得法・勉強法のノウハウを順次公開していきます。

ここで、ペーパーテストの7ジャンルを復習しておきます。


ペーパーテスト分類、7ジャンル、

1. 記憶、聞き取り問題…お話の記憶、むかし話など

2. 常識、知識を求められる問題…季節、四季、道徳、ものの数え方、磁石、水中浮沈、仲間はずれ、動物、昆虫の生態など

3. 言語、単語に関する問題…ものの名称、しりとり、同じ言葉、同音認識、など

4. 推理を求められる問題…鏡、積み木、系列完成、トンネル、後ろ(上・前)から見る、など

5. 図形問題…欠損補完、色板、重ね図形、左右の違い、図形回転、描き写し、点つなぎ、迷路など

6. 数に関する問題…広さ(大きさ、長さ、重さ)比較、水の量、シーソー、数分割・集合、など

7. その他…位置と方向、連想ゲーム、音の判断、他


*そして最後に、基礎問題…年長、年中、年少と分けて、年少・年中レベルの基礎問題。

次回以降、このジャンルごとに最も身につく勉強法を考えていきます。


最後までお読みいただきありがとうございました。

これからもお役に立つような記事をアップしていきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。






posted by ハミリオ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・首都圏、関西名門小学校入学試験、例題

名門小学校入学試験、例題(大きさの比較)

年々競争率が上がって難しくなっている

一流小学校の合格を勝ち取るには、

ペーパーテストでいかに高い得点を取るかにかかっています。

以前でしたら、面接や親子面談などが重視されましたが、

いまは面接、親子面談について皆さんがしっかり事前準備して受験されるので、

そこでの差はつかなくなっています。

そのため、ペーパーテストでふるいわけせざるをえなくなっていて、

やさしい問題だと満点の人が続出して

ここでも差がつけられなくなってきています。

なので、学校側としては批判の対象になるのでひねくれ問題は避けたいのですが、

不本意ながら問題を年々難しくせざるを得なくなっています。

しかも過去問題と同じ出題はできませんし、

学校が増えたことで当然問題数も増えますから、

ますますオーソドックスな問題は出題できなくなってきています。

しかし、全問を難しく設定できないので、

過去問題や他校の問題と同じ設問でも

基礎的な易しい問題も出題されています。

ここで重要なことは、この易しい問題は受験生全員が正解できますので、

取りこぼすと大きなハンディになりまから、絶対に落とさないこと、これが重要です。

基礎的問題を確実に正解する一番効果的な準備は、

そうした基礎的な問題を数多く予習して、

問題を見た瞬間に条件反射的にすぐ解答できることです。


今日はその基礎的な問題例のひとつをご紹介します。

photo大きさ比較.jpg

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからもお役に立つような記事をアップしていきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。








posted by ハミリオ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・一流小学校(首都圏、関西)の入試問題を考える。

一流小学校(首都圏、関西)の入試問題を考える。

一流小学校入試問題例題

しばらく記事を書いていませんでしたが、

皆さん受験へ向けて最後の追い込み順調でしょうか?

お読みになるタイミングによっては、

これから本格的な準備にかかるところという方もあるでしょう。

どのタイミングでも、小学校受験にお役に立つ記事をアップしてまいります。

小学校受験はそのスターとから、

ゴール(試験日)まで短いことが特徴です。

お子様が試験問題の知能レベルに成長してから

試験日まで期間が短いのです。

だから、いつも「最後も追い込み」と思って取り組んでください。

季節の変わり目、気温差の大きい季節、暑い夏、雨の季節……

健康に気をつけて勢いをつけて下さい。

今日はしりとりの問題をお出しします。

復習のつもりで時間を短く設定して試してください。


問題:「左上の絵から右下の絵までしりとりをして絵をいくつと使ったか、

その数を下の四角に青の○で書きなさい。左上、右下の絵も含めます」

小学校受験専門塾「KTプライマリー」のHPはこちらです
しりとり.jpg


最後までお読みいただきありがとうございました。

これからもお役に立つような記事をアップしていきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。








posted by ハミリオ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。